2015年06月19日

怪我続き2

エムの歯の治療の2日ほど前、いつもの雑木林に行ったときのことです。
武蔵野の美しい林なのですが、不法投棄が後を絶たない場所です。
危険なものよく落ちているのですが、今迄さほど気に留めていませんでした。

150632.jpg

走ったり遊んだりして車に戻るとタオルが血まみれ!
あわてて確認すると
右足の踵の脇が、下からざっくり切れていました。
おそらく ダッシュした時にガラスを踏み抜いたのでしょう。

何度も麻酔をかけるのは心配なので、テープングで応急処置し 歯の治療と一緒に見てもらうことにしました。結果6針も縫う重症でお医者さんには怒られましたあせあせ(飛び散る汗)
でもこの時は、これで安心と胸をなでおろしたのです。

エムは嘗めないでね、と言えば通じる子です。
いい子にしていましたよ。5日目にバンテージを取って傷口を確認、見た目塞がってきました。
もうちょっとだねと思った矢先、バンテージが緩んだ為か 痒かった為か 目を離した隙にペロペロペロ(涙)糸が抜けて半分ほど傷口が開いてしまいました。

仕方なくかかりつけの病院で再縫合
部分麻酔でじっと我慢の子でした。

150640.jpg

今度こそしっかり治そうねと テーピングは言われた通り1週間保持、12日も過ぎる頃には傷口もきれいに塞がりました。
ずーっと近所散歩しかしていなかったので ちょっとだけドッグランへ行ってみようか
と思ったのが大きな間違えでした。
久しぶりのランにエキサイトしたエム 5分もしないうちに
ターンをした拍子に足をけんけん、
バックリとまた傷口が開いてしまったのです。

これまで預かりっ子と含めて手術の縫合は何度も経験しています。
10日過ぎればだいたい傷口はくっついているのに
動かす場所は全く治癒期間が違うのですね。
泣きたくなりました。
一番痛いのはエムなのに。

再々度の部分麻酔での縫合。

それから1ヶ月は自宅謹慎。
ドッグランも休会し、救助犬訓練にも行かず
静かに静かに暮らしました。
筋肉が徐々に落ちて行くのが悲しかったけれど
しっかり治す迄じっと我慢。

この経験で、怪我をするってどういうことなのか痛いほどわかりました。
短い犬生、トータル二ヶ月の謹慎は人間の一年弱です。可哀想なことをしました。

飼い主が気をつければ事前に防げること、深く反省しこれからは決してこのような経験はさせないと心に決めました。

ところが エムの回復に安心していたら…







ニックネーム オハナママ at 17:01| Comment(0) | TrackBack(0) | ラビ&エム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/4050639
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック