2015年06月08日

レクイエム アンジー2

6年前の今頃、川口の保健所に収容されていたモフモフの犬。
もしかしてサモエド???

150609.jpg

すったもんだがありましたが、多くの人の協力で、レスキューすることが出来ました。

150602.jpg

それが アンジーちゃん(保護当時はパール)

柚子七味さんにボラトリしていただいてこんなに奇麗になりました。

150610.jpg

それから預かりっ子の日々

050612.jpg

当時一緒に預かっていたリュウちゃんとラビと3匹で本当によく遊びました。
ラビがこんな風に遊んだのはこの時だけです。
穏やかで,美人で、愛らしくて
出会った皆をサモ好きにさせてしまう魅力がありました。

そして お見合い
リュウちゃんとダブルのお見合いだったね。

150603.jpg

やさしいお兄ちゃんのジョン君とは出会ったときからいい感じ
150529.jpg

150607.jpg

お届けの日は、もうすっかり事情が飲み込めているようすでした。

DSCN2476.jpg


弟分のムー君も家族になり

150601.jpg

楽しく幸せな日々が続きました。

20120818-023128.png

アンジーちゃん、沢山の愛に囲まれていたね。

幸せは永遠に続くと思っていたのに…

5月の半ば過ぎ、アンジーが入院したとの知らせが入りました。
供血が必要かもしれないということで、エムを連れて病院へ駆けつけました。

アンジーはいつもの笑顔でにっこり。
目にしっかりと力がありましたから、まだ大丈夫!と思いました。
ムーちゃんの血で間に合ったのでこの日は帰宅。

ハピポの代表が声をかけて下さり、供血の準備をして下さった仲間がいました。
本当にありがとうございます。

血小板が減少しているとのことで急性膵炎の疑いがありましたが
血液検査で膵炎ではなく免疫介在性血小板減少症の可能性も出て、その治療をはじめた矢先、アンジーは帰らぬ犬となりました。

1206.jpg

天使の化身と行っても過言でないくらい、美しくて気持ちの穏やかだったアンジー

150608.jpg

沢山の愛情と、豊かな自然の中で過ごした日々はキラキラと輝いてることでしょう。

1409.jpg

『本当に手の掛からない、最高の子です。美人で素直で何処に行っても自慢の娘です。本当に本当にありがとうございました。
もう、こんな綺麗な子には二度と巡り会うことはないでしゃう。
ただただ溺愛しただけの6年でした。』

里親様、アンジーを娘にして下さって心から感謝しています。
どうぞ気を落とさず、ムーちゃんをアンジーの分迄可愛がってあげてください。

私も アンジーのような犬に出会えて 本当に幸せでした。



ニックネーム オハナママ at 15:17| Comment(0) | TrackBack(0) | パール(アンジー) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/4044817
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック