2014年09月19日

犬の靴

最近、『災害救助犬に靴を履かせてあげてください』という声を聞きます。
先日の防災訓練でも そういったご質問をされた方がいらっしゃいました。

あちこちの救助犬サイトで説明しているので重複は避けますが

基本的に救助犬は靴を履く訓練はしています。
JKCの認定試験にはレスキューシューズ着用という項目もあります。

ラビもエムも靴には慣れていますし、常備しているので、必要に応じて靴を履かせます。

140930.jpg

ただ活発に動くと、靴ずれができるのですよね。
特に狼爪

140953.jpg

犬の足は人間のように平らな面積が少ないので、脱げないようにするにはどうしても足首で締めなくてはなりません。

右の靴は狼爪の下で締め
左は上で締める
どちらも、狼爪にあたる…


安全のために あるいは規格のために 狼爪は子犬の時に切除する犬種もあるそうだけど
それもどうなのでしょう。
断尾も断耳も 苦手な我が家、ナチュラルが一番。
狼爪は崖などを登る時に必要だという節もあるし…



こんな場所でも

140946.jpg


あんな場所でも エムは進みます。

140939.jpg



ここでくつを履いていたらすぐにぬげちゃったろうな。


140941.jpg



140944.jpg

どんな時も 状況判断を怠らずに 安全にだけは気をつけたいと思っています。

ニックネーム オハナママ at 11:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 災害救助犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/3705245
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック