2014年09月09日

ジョナ君

何年も前のこと、上品なおばあ様が、大きな黒いロン毛の犬とゆっくり優雅にお散歩しているの出会いました。
「引っ張ったりしないのですね、
なんてお利口さんなワンちゃんなのでしょう」
と挨拶すると
「娘がしつけたのよ」とのお返事。
しばらくして、おしゃれな背の高い女性が同じ犬と散歩していました。
それがジョナ君とジョナママとの出会い。

240902.jpg

それから何度も一緒にお散歩して
お互いの家を行き来して
犬のこと何も知らなかった私はいろいろ教えてもらいました。

ジョナ君は真面目なお利口さんかと思ったら
意外に甘えん坊なことにびっくりして

預かりっ子の面倒をみてもらって
お届けにも一緒に行って

今は亡きロっちゃんと。
240905.jpg

ラビがマウントしたのはジョナ君がはじめてで、
それが友情の証だったことを知ってか 少しも怒らなかったジョナ君。
いつも穏やかだったね。

一人野良犬として生きてきたエムちゃんが はじめて出会ったのはジョナ君で

240903.jpg

一緒に遊んでくれて
走ってくれて
おかげでエムちゃんは おじさんはみんな優しいものだと感違えしちゃったよ。

電車を見て一緒に吠えて
思い切りのダッシュも楽しかったね。


240906.jpg

優しくて、賢くて、その場をいつも和やかにしてくれて
最後迄つやつやのコートで 目をキラキラさせていたね。

そんなジョナ君が、8月に虹の橋を渡りました。

240901.jpg

ジョナ君ありがとう。

ラビもエムも 我が家から巣立った子たちみんなから、
感謝の気持ちを伝えます。

240904.jpg


はやくママのもとへ、生まれ変わって戻っておいで。




ニックネーム オハナママ at 15:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/3691781
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック