2014年08月26日

広島県北部土砂災害出動

8月22日(金)所沢を立ち、広島市北部の土砂災害現場(20日未明発生)へ向かいました。

14081.jpg

23日午後の捜索、

積み重なる土砂は、濡れ固まってきています。
封じ込められた臭いは、なかなな登ってこない困難な状況でした。

14086.jpg

24日は雨天のため午前中は待機、午後からの捜索に参加しました。

14082.jpg

休息と保水(この時しか写真とれないので)

14083.jpg


14084.jpg

14085.jpg



詳細は以下をご覧下さい。

日本捜索救助犬協会

ブログ

冬青通信


亡くなられた方々のご冥福と
まだ見つかっていない沢山の方々が一日も早く発見されますようお祈りいたします。

そして 根気強く一生懸命捜索したエム。
私がもっと学び、研究し、本当に役に立てるペアになるよう努力していかなくてはと痛感しました。


ニックネーム オハナママ at 12:18| Comment(4) | TrackBack(0) | 災害救助犬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
本当におつかれさまでした。
無事に帰ってきてくれて、エムちゃんががんばったと聞いて、ほっとしたのと感動したので、泣いちゃいました。

広島は20年前に住んでいた街、関東平野から嫁いできた私は、朝、ゴミだしに外に出て、会社の社宅団地まで山がとても近いことに「遠くに引っ越してきたんだな」と思ったものでした。
その頃はそれが危険なことだとは思いもしませんでした。

亡くなられた全ての命のご冥福をお祈りします。
Posted by mami at 2014年08月26日 12:53
先日、テレビを見ていたら
レポーターの後ろをエムちゃんソックリな
耳が折れている災害救助犬が探索していました。
えーっ、まさか…と思いました。
だって、広島は遠いしエムちゃんは新人だし。

でもあれはエムちゃんだったんですね。
もう何の番組かもわからないので探せません。
探せなくてとっても残念です。

お疲れ様でした。

参考
土砂災害の現場で懸命に頑張る救助犬たちに胸が熱くなる
http://re-colle.com/article/53058049762719263

【広島土砂災害】泥だらけになって行方不明者を探す救助犬の姿が胸を打つ
http://irorio.jp/jpn_manatee/20140824/157349/


Posted by ウブカタ at 2014年08月27日 11:41
お疲れさまです。
疲れはとれましたか?
無事に帰還されて良かった。
Posted by michimichi at 2014年08月28日 18:48
mamiさん
心配して下さってありがとうございます。エムちゃんは本番に強いと判明。シャキっと気迫がありました。
現地は山沿いとはいえ、繁華街から歩いてすぐの住宅地です。こんな所で…と思いました。地形をみれば、確かに危ないところなのですが…。
本当に 亡くなられた方のご冥福を祈りたいと思います。

ウブカタさま
まあ、エムちゃんだったのかもしれませんね。
初出動で、反省点も数々ですが、救助犬はハンドラーと犬のペアで力を合わせての捜索なのだと実感しました。この経験を糧に、努力して行こうと思っています。

michimichiさん
ありがとうございます。
たまった仕事片付けて、すぐに白河へ救助犬の合宿、帰って来てやっと落ち着いたところです。私は気が抜けていますが、ワンズは元気いっぱいでするんるん
Posted by at 2014年09月02日 00:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字

この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/3682348
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック